ホーム

Admin

NewEntry

Archives

RSS

PageTop

PageBottom

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

2012/08/11(Sat) 11:25
前回書籍を裁断して小分けにしましたが、
綴じる前に本来やるべき事があるんです!

そうそれは ADFスキャナーでの読込みです!
これをやらなきゃ、意味がない
IMG_0936.jpg

写真は、ScanSnap S1500

私は、Win用を使ってます。
(MacのブートキャンプでWin7動かして)

IMG_0947.jpg

読込み状況はこんな感じ。

50ページ分位なら余裕でいけます!

裁断した書籍を トレイにセットして

ポチットな』ってするだけでOKなんて

便利な世の中になったもんだ。
PDFファイルとして保存できます!
スポンサーサイト

PageTop↑

2012/08/04(Sat) 11:37
前回紹介した、断裁機で実際に裁断 小分け作業をしてみましょう!

IMG_0938.jpg

裁断される運命にある書籍です。
買ったばっかりだけど、バッサリいくぜぇ〜

と言っても、かなり厚い本なんで、断裁機でも1回では無理。

そこでカッターで半分にします。
(200ページ位の本なら楽々1回でいけます)

IMG_0939.jpg

まず内側からカッターを入れて

IMG_0940.jpg

次に裏側からカッターを入れます。

IMG_0941.jpg

半分になったら

IMG_0943.jpg

断裁機にセットします。
セットする時は、切断する位置をよく確認しましょう。

私の場合、3mm位切断してます。

IMG_0942.jpg

セットできたら ストッパーを外して 切断

IMG_0946.jpg

バラバラになりました!

ここで、私は本当だったら、スキャンスナップでPDF OCR化するんですが
今回は省略(次回あたり掲載します)

次に小分けに綴じるためにパンチで穴あけです!

IMG_0951.jpg

ここで注意したいのが、穴の位置。
通常の場所に穴を開けてしまうと、後々読みずらくなってしまいます。

IMG_0948.jpg

1の場所が通常の穴あけ位置
2の場所が私の推奨の穴あけ位置

2の位置にしておけば、綴じ直した本を開いた時に
綴じた部分もちゃんと読めます。

IMG_0950.jpg

で、2の位置で穴あけ完了!

IMG_0952.jpg

プラファスナーで綴じて完了!

大分薄く軽くなりました!

これなら、ナマケモノな私も読む気になれる(笑)

PageTop↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。