ホーム

Admin

NewEntry

Archives

RSS

PageTop

PageBottom

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

2012/04/14(Sat) 05:49
始めに、今回も先週までのおさらいを さらっとしてみましょう。

 『ノマド三種の神器』とは、
 
 1 デジタルツール
 2 クラウドサービス
 3 アナログツール
   である。

 どうでしょうか?覚えていますか?
 
 前回は『クラウドサービス』の『クラウド』ってなんだ?という内容でした
(詳細は前号を参照してください)



今回からは、『クラウドサービス』の 『Evernote』について紹介していきましょう。




□ 『Evernote』ってなに?


  かなりメジャーな『Evernote』 一時期は 
  猫も杓子もエバーノートという時期がありましたので
  御存知の方も、すでに使っている人も多くいるでしょう。

  友人に、『Evernote』で何ができるの? と聞かれることがあります。
  そんな時には、『全てを記録することができるよ』と答えています。

  『全て』というのは、過大評価に思えるかもしれませんが、それほど
  大袈裟な表現ではありません。

  人によっては、『Evernote』を自分の『第二の脳』と言います。
  これは、『Evernote』に自分の見聞きしたことや、思考までも『記録
  して、さらには『記憶』させる場所
として、利用しているという事を指し
  ます。

  また 違う言い方をすれば、自分専用のGoogleを構築すると言えます。
 (私は 専用という言葉が好きです。そう赤いやつです

  みなさんも、Web(インターネット)で調べものをする時には、
  GoogleやYahooなどの検索エンジンを利用するかと思います。
  ネット上の検索ならこれで大概のものが見つかります。

  しかし、パソコンに保存したメモや紙媒体のデータなどの自分に
  近い情報を見つけ出すことはGoogleやYahooでもまず無理でしょう。

  そんなとき、Evernoteなら見つけることができちゃいます!
  Google等の検索エンジンがWeb上の情報を探し出す
  ことができるツール
だとすれば、
  Evernoteは自分の身近な情報を蓄積して、すぐに探し出す事
  ができるツール
と言えるでしょう! 
  
  そう!まさに自分専用検索エンジンです!
  (赤いやつみたいでカッコいいです)









スポンサーサイト

PageTop↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。