ホーム

Admin

NewEntry

Archives

RSS

PageTop

PageBottom

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

2012/04/21(Sat) 05:22
 前回は、『一見問題ない』という状態。
 そこに盲点がある!というところまで紹介しました。

 では、どこに盲点があるというのでしょうか?
 みていきましょう!


 どの物件も 一通りのリフォームが施されているということは、
 一通りのリフォームでは 
 その物件の「売り」には成り得ないということです。

 私はその当時から 電気工事を仕事としており、
 電気の面で何か「売り」をつくることはできないかと考えました。

 私は 先ほども述べたとおり電気工事を仕事としていますので、
 年間 数百灯の照明器具を取付けていました。

 しかし、多くの場合は 取付ける照明器具は既に決まっており、
 照明設計をする場合でも 心がけていたことは、
 照度(明るさ)だけだったように思います。

 そこで私は 照明について学ぶために 
 照明コンサルタントの勉強を始めました。
 
 その後 無事にコンサルタントの資格を所得し 
 知識と経験(実務)を得ることができました

 あれから月日がたち 
 物件の「売り」について考えだしたものが
 
 「照明による差別化」なんです!!






スポンサーサイト
Category: 照明

PageTop↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。