ホーム

Admin

NewEntry

Archives

RSS

PageTop

PageBottom

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

2012/06/08(Fri) 05:57
 前回は、クラウドサービス『Evernote』のWeb Clipperの使い方という内容
 でした。(詳細は前号を参照してください)

 今回も引き続き、『Evernote』の私の使い方を紹介してみようと思います!

 それでは、早速いってみましょう!

 □ 『Evernote』私の使い方  ノートとノートブック

  AM4:50 『Evernote』のWeb Clipperで情報収集を続けます。
  とにかく気になる記事があったら、考える前にクリップしてしまいます。
  (単純ですが考える前という事が大事です

  Web Clipperでクリップしていく時に 後々検索しやすいように一手間
  かけています。 それは、ノートのノートブックへの振り分けです!

  『Evernote』を使い始めたばかりの人には聞きなれない
  『ノート』と『ノートブック』という言葉がでてきました!
 
  さて、『ノート』と『ノートブック』とは何でしょうか?

  簡単に説明すると

  『 ノート 』 = 『 ファイル 』

  『 ノートブック 』 = 『 フォルダー 』 という事になります。

  と言うことは、私がかけている一手間とはWeb Clipperでクリップした
  『ファイル』を『フォルダー』に入れている たったこれだけです。

  『Evernote』は、検索機能が優秀なので、『ノートブック』(フォルダ
  を一つだけしか作らずに、検索で必要な『ノート』(ファイル)を見つけ
  出すことも可能です。

  しかし、私の場合は おおまかではありますが、『ノートブック』に
  振り分けています。
  
  おおまかに振り分けるだけでも、後々ノートを参照する時に確認しやすく
  なる為
です。

  最初のうちは、ノート自体が少ないために検索したノートを見る事は
  容易いですが、数が増えてくるとやはり見ずらくなってしまいます。

  まずは、プライベートと仕事の ノートブック(フォルダ)の大きく
  2つに分ければ十分
かもしれません。

  今回は まだ触れませんが、『 タグ 』という機能もあり、
  ノートを探す時には『 タグ 』による検索も可能になります。
  (『 タグ 』については、後々お話しましょう)

  
 

PageTop↑

2012/05/29(Tue) 05:42
 □ 『Evernote』私の使い方

 AM4:50頃まで、前回紹介した『Evernote』のWeb Clipperで情報収集を
続けます。

 このWeb Clipperの保存方法はとっても簡単です!
 
 IE(Internet Explorer)の場合

  Webページ全体を保存する → マウスを右クリック →Add to Evernote
                                を選択

Webページの一部を保存する → 保存したい部分をクリックしてドラック
                (左ボタンを押したまま動かして範囲を
                 選択する。選択部分は反転されます)
                         
                         ↓
 
                      Add to Evernoteを選択

 
 Firefoxの場合

  Webページ全体を保存する → 右上にある横を向いている象の
マークをクリック



                   ページ全体をクリップをクリック


  Webページの記事のみを保存する →右上にある横を向いている象のマーク
                              をクリック



    記事をクリップをクリック
                
                (この場合は、自動で選択された記事部分
                          のみが保存されます)

 
  Webページの一部を保存する → 保存したい部分をクリックしてドラック
                (左ボタンを押したまま動かして範囲を
                 選択する。選択部分は反転されます)
                         
                         ↓

右上にある横を向いている象のマーク
                               をクリック

(この場合は選択した部分のみが保存
                               されます)  


Google Chromeの場合

  Webページ全体を保存する → 右上にある横を向いている象のマークを
                              クリック



                象のマークをクリックすると、Evernoteの
                ウインドウが開きます。
                ウインドウの下のほうにのクリップ選択
                ボタンがあります( ▼ )を押して
    
                         ↓

                    ページ全体を選択を選ぶ


Webページの記事のみを保存する →右上にある横を向いている象のマーク
                              をクリック



                象のマークをクリックすると、Evernoteの
                ウインドウが開きます。
                ウインドウの下のほうにのクリップ選択
                ボタンがあります( ▼ )を押して
    
                         ↓

                    記事をクリップ を選択

               (この場合は、自動で選択された記事部分
                          のみが保存されます)


  Webページの一部を保存する → 保存したい部分をクリックしてドラック
                (左ボタンを押したまま動かして範囲を
                 選択する。選択部分は反転されます)
                         
                         ↓

右上にある横を向いている象のマーク
                              をクリック

                         ↓

                 象のマークをクリックすると、Evernotの
                 ウインドウが開きます。
                 ウインドウの下のほうにのクリップ選択
                 ボタンがあります( ▼ )を押して
    
                         ↓

                   選択部分をクリップ を選択

                 (この場合は選択した部分のみが保存
                              されます)


Safariの場合(Mac使用時

  Webページ全体を保存する → 左上にある横を向いている象の
マークをクリック



              象のマークをクリックすると、Evernoteの
              ウインドウが開きます。
              ウインドウの下のほうにのクリップ選択
              ボタンがあります( ▼ )を押して
    
                         ↓

                    ページ全体を選択を選ぶ
  (その後ページ全体を選択をクリック)


  Webページの記事のみを保存する →左上にある横を向いている象のマーク
                              をクリック



                象のマークをクリックすると、Evernoteの
                ウインドウが開きます。
                ウインドウの下のほうにのクリップ選択
                ボタンがあります( ▼ )を押して
    
                         ↓

                    記事をクリップ を選択
                (その後 記事をクリップをクリック)




 なんだか、文章にすると面倒に感じますね。

 しかし、実際に使ってみると簡単です。

(上記の操作手順は、私の使用環境での手順です。使用環境により手順は
  異なります)
 
 まだ、Evernote本体や、Web Clipperを入手していない人は
 こちらからダウンロードしてください
            ↓
 http://www.evernote.com/about/intl/jp/download/

 Web Clipperは新聞や雑誌の切り抜き(スクラップブック)を作る感覚に
 似ています。

 わたしは、子供の頃 新聞の四コマ漫画を スクラップしていました。
 (あのスクラップブック どこいっちゃったんでしょうね かあさん
 

PageTop↑

2012/05/21(Mon) 04:30

 

 今回も 前回に引き続き Evernote 私の使い方をお届けします。
(と言っても 前回はevernoteについては何も触れていませんが)

 歯を磨き目が覚めるとAM4:15くらいには、
 家族を起こさないようにそっと自分の部屋に向かい、
 パソコン(iMac)の前に座ります。
 (現在は3:20には起きてます

 マジックトラックパッドをポチッと押すと待ち時間ほぼ無しで
 Macが立ち上がります。

(私は、前日の夜にスリープ状態で終了しておきます
 待ち時間無しですぐに作業が行えるというのは気分良く一日が始められます!)

 しかし 私の場合はMacの起動音が鳴らないという事のほうが重要です。
(なにせ、大音量で響き渡ります。OSをLionにしてから、調節ができなくなって
 しまいました。早朝は家族だけではなく、隣近所にも気をつかいます)

 朝の情報収集をyahoo等でおこないます。ざっと目を通すだけで、気になる
 記事があればEvernoteに取り込みます。

 ここで便利なのがWeb Clipperです。

 Web ClipperはIE(Internet Explorer) や
 Safari、Firefox、Google Chrome のブラウザで利用することができます。

 
 ダウンロードはこちらから(もちろん無料です
 http://www.evernote.com/about/intl/jp/download/

 
 ページ全体を保存することもで出来ますし、
 必要な部分だけを選択して保存することもできます。
 とにかく細かい事は気にせずに、少しでも気になった
 らバシバシEvernoteに保存していきます。





PageTop↑

2012/05/12(Sat) 04:30
 □ 『Evernote』私の使い方


 前回はざっくりと『Evernote』について紹介しましたが、今回は実際に私が
 どのように『Evernote』を利用しているかを紹介していきましょう。
 
 私の普段の生活を見ていただくことで、『Evernote』の 
私の使い方と共に 他のアプリケーションの
私なりの使い方も紹介できるかと思います。
 (なんだか自分の生活を振り返るのは恥ずかしいですが
 
 それでは、起床時間からみていきましょう!

 わたしの朝は、けっこう早く始まります。
 
 起床時間約AM4:00
 
 約というのはiPhoneアプリのSleepCycleを利用しているので
 AM3:30〜AM4:00の間の気持ちよく目覚められるタイミングで
起こしてくれます。

 一緒に寝ている家族が目覚めることがないくらいの小音量でも十分起きる
 ことができます。ただし、あまりに心地よいメロディーなので、一度目覚
 めても再び寝てしまうことも、、

スヌーズ設定は必須です。

 どういう仕組みなのか調べてみると どうやら睡眠中の眠りの深さを測定
 し、(iPhoneのタッチ画面の加速度メーターを利用して、寝ている間の動き
 を読み取ってデータ化するという仕組みらしい)

 浅い眠りのレム睡眠の時を見計らってメロディーで起こしてくれます
 実際のところ細かいことは判りませんが結構すんなり起きられます。
 (原稿執筆時Appstoreで85円

 
 家族を起こさないようにそっと寝室を出て、まずトイレにいきます
 (まずはトイレです
 
 その後、眠気をさます為に歯を磨きます。
これは、早起きさんには おススメです。とりあえず目が覚めます



PageTop↑

2012/05/03(Thu) 04:30
 前回も、『第二の脳』ともよばれ、
 自分専用検索エンジンとしても使える『Evernote』を紹介しました。

 今回も引き続き 自分専用検索エンジン『Evernote』をみてみましょう!

 前回まで色々と『Evernote』の利点を紹介してきましたが、

 なんといってもおススメの点は、どの情報端末にインストールし
 て利用する場合でも、無料で始められることでしょう!
 なんせ無料ですから、使わない手はありません!

 勿論、有料版もリリースされていますが まずは無料版を使用してみる
 をお勧めします。 無料版では1ヶ月で60MBまでアップロード(データを
 送ること)することができます。(有料版では1GBまで)

 たった60MBと思われるかもしれませんが、使い始めのユーザーには十分
 な容量だと思います。使っていく間に、あれも これもとデータを保存
 する容量が増えていきますので、その時点でプレミアム(有料版月5ドル
 もしくは年45ドル)への変更を考えれば良いと思います。 
 (保存したデータは無料版から有料版に変更しても そのまま使えますので
  ご安心を

  
『Evernote』はこちらからダウンロードできます!
   http://evernote.com/intl/jp/download/
  
自分の使っている情報端末(WINDOWS Mac iPhone Android等)の
 バージョンを選択してください!

 




PageTop↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。