ホーム

Admin

NewEntry

Archives

RSS

PageTop

PageBottom

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

2012/06/27(Wed) 04:31
前回は、クラウドサービス『Evernote』のノートとノートブック
についてでした。(詳細は前回を参照してください)

 それでは、早速いってみましょう!

 □ 本棚を持運ぼう!!

  情報収集が終わると、時計の針はAM5:00をまわります。
  その頃になると、英語の学習を始めます。

  40歳を目前に思い立って 英語学習を始めてしまいました。
  一応学生の頃に 英検3級はとりましたが(卒業するのに必要条件だった
  もんですから) 今では 英検3級以下なのは間違いありません。

  まずは、中学英語の復習からはじめましたが、これが、楽しい!
  三単現とか、そういのあったなぁ って感じで 素直に楽しめます。

  ここでも私は、evernoteを活用しています。

  私は、書籍の類いは全て 裁断してScanSnapという
  スキャナー(印刷物や写真などを画像情報として読み取り、データとして
  パソコンに保存するための装置
)でデジタルデータとして保存しています
  
  自分の所有している書籍を全て、電子書籍化しているわけです。
  (ちまたでは 自炊とも言います

  電子書籍化することによって、重量を気にせず何百冊という本を持ち歩く
  事が可能
になります。

  自分の本棚を持ち運ぶことができるんですねぇ!
  一昔前にiPodが登場した時と同じ感覚です!
  (自分の持っているCD全てを持ち運んで どこでも聴けるぜ!みたいな)

  ネットへの接続環境を整えれば、どこででも『クラウド』を利用する事で
  書籍の閲覧や検索することができちゃうわけです!
 
  後々説明しますが、書籍はPDF(ざっくり説明すると画像、写真みたいな
  もの)という形式で保存して さらにOCR変換(簡単に説明すると 写真
  の中にある文字を読込んでくれる)することによって文章検索することが
  できちゃいます!(日本語の認識精度はいまいちですが

  ただし、ここで問題になるのが『容量』です。
  私は我がままなので、自分の本棚全てを持ち運びたい!
  しかし、全ての書籍となると『容量』は軽く数十GBになってしまいます。

  書籍を全て『クラウド』で利用することも可能ですが、
  『容量』の面を考えると現実的ではありません。

  結局のところ USBメモリーの32GBを利用して 本棚を持ち運んでいるわけ
  ですが、ここで登場するのが、evernoteなのです!
  

PageTop↑

2012/06/19(Tue) 09:30
     写真は動かせます!

            
照明 スタンド黒

写真は EKASのシェード+HEMMAフロアランプベースの組み合わせ。

フロアランプにある程度の高さをもたせることで、

ウォールライトと同じ効果が得られる。

賃貸アパート等の 後から配線をする事が難しい場合には、

手軽にウォールライトのように使える。

壁を上下に照らすことで、部屋内を優しい光で照らすことができる。

お値段は シェード 1290円 フロアランプベース 1490円也!

電球は、温白色電球色を選択すればGood!




Category: 照明

PageTop↑

2012/06/15(Fri) 05:16
前回は、『 処理 』する上で、行動する必要のないものを

 『ゴミ箱』 『いつかやること たぶんやること』 『資料』

 の箱に入れるところまでをみてきました。

 さっそく次の『 処理 』に取りかかりましょう!


 (2) 処 理 その4

 今回もまずフローチャートをみてみましょう。
 (フローチャートは左右に動きます
         ↓
GTDフローチャート中

 
 前回は、行動する必要のない『気になっているもの(もやもや)
 を、3つの箱に振り分けました。

 今回は、『 行動 』をするべきだと判断したもの(もやもや)について
 見ていきます。

 その『気になっているもの(もやもや)』を解消するには

 『次にとるべき行動は1つ』でしょうか? 

 例えば、眼鏡が汚れている事が 以前から気になっていたとすると、
 眼鏡をかけていて、ティッシュや布が身近にあれば
 『眼鏡を拭く』という行動は1つの行動と考えられます。

 だれかに、連絡をする必要がある場合も 
 『〇〇さんに電話する』という行動は 1つの行動と考えられます。

 では、逆に 『とるべき行動が1つではない』場合とはどんな時でしょうか?
 
 例えば、『〇〇の資格をとる』とか、『夕飯に〇〇をつくる』
 なんていうものは、1つの行動では気になっているもの(もやもや)
 を解消することはできません。

 『〇〇の資格をとる』場合には まずどんな資格なのかを調べなければ
 なりませんし、参考書や問題集を購入しなくてはならないかもしれません。
 『勉強』以外にも行動すべきことがたくさんあります。

 『夕飯に〇〇をつくる』場合も同じですね。 夕飯にカレーをつくる事は
 決まっていても、まず、材料がそろっているか確認しなくてはならいですし、
 買い物をする必要があるかもしれません。
 『料理をつくる』以外にも多くの行動をとる必要があります。

 とにかく、1つの行動では解消できそうにないものは 
 『プロジェクト』ボックスに放り込みましょう!
 (実際には、プロジェクトリストに転記しましょう!








Category: GTD

PageTop↑

2012/06/13(Wed) 04:58
『休みになったら 二人で を狩ろう』
(狩ると言っても 獲物はデジカメで捕獲する)

前回 桜山を後にした二人の桜ハンターの旅も

いよいよ終盤をむかえつつある。

そろそろ帰路につこう そんな事を話していると

今回の獲物に出会った。

偕楽園


偕楽園のGET!


偕楽園の中の好文亭を左手に望みながら 偕楽園を後にする。


Category: 空・風景

PageTop↑

2012/06/08(Fri) 05:57
 前回は、クラウドサービス『Evernote』のWeb Clipperの使い方という内容
 でした。(詳細は前号を参照してください)

 今回も引き続き、『Evernote』の私の使い方を紹介してみようと思います!

 それでは、早速いってみましょう!

 □ 『Evernote』私の使い方  ノートとノートブック

  AM4:50 『Evernote』のWeb Clipperで情報収集を続けます。
  とにかく気になる記事があったら、考える前にクリップしてしまいます。
  (単純ですが考える前という事が大事です

  Web Clipperでクリップしていく時に 後々検索しやすいように一手間
  かけています。 それは、ノートのノートブックへの振り分けです!

  『Evernote』を使い始めたばかりの人には聞きなれない
  『ノート』と『ノートブック』という言葉がでてきました!
 
  さて、『ノート』と『ノートブック』とは何でしょうか?

  簡単に説明すると

  『 ノート 』 = 『 ファイル 』

  『 ノートブック 』 = 『 フォルダー 』 という事になります。

  と言うことは、私がかけている一手間とはWeb Clipperでクリップした
  『ファイル』を『フォルダー』に入れている たったこれだけです。

  『Evernote』は、検索機能が優秀なので、『ノートブック』(フォルダ
  を一つだけしか作らずに、検索で必要な『ノート』(ファイル)を見つけ
  出すことも可能です。

  しかし、私の場合は おおまかではありますが、『ノートブック』に
  振り分けています。
  
  おおまかに振り分けるだけでも、後々ノートを参照する時に確認しやすく
  なる為
です。

  最初のうちは、ノート自体が少ないために検索したノートを見る事は
  容易いですが、数が増えてくるとやはり見ずらくなってしまいます。

  まずは、プライベートと仕事の ノートブック(フォルダ)の大きく
  2つに分ければ十分
かもしれません。

  今回は まだ触れませんが、『 タグ 』という機能もあり、
  ノートを探す時には『 タグ 』による検索も可能になります。
  (『 タグ 』については、後々お話しましょう)

  
 

PageTop↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。